リフォーム - シロアリ(点検の流れ)

リフォーム
仕様
シロアリ(点検の流れ)

1.点検内容の説明

本日の点検目的・点検箇所・点検方法等を始めにご説明いたします。
点検の所要時間はおよそ1時間半から2時間程度です。
建物の大きさ・床下状況によって異なりますので担当点検員にご確認ください。

2.外回りの確認

まくら木、木柵、抗木などシロアリが嗜好し、被害の要因となりうるものが建物の周りにないかを確認。
また、雨漏りも躯体のダメージを引き起こす要因ですので外壁の状態をあわせて確認いたします。

3.室内の確認

浴室・洗面室・トイレなど水を使う場所は、他の部屋に比べ多湿な環境になりやすいため念入りに点検いたします。
また工法により床下からは確認できない場合もありますので屋内から確認いたします。

4.玄関の確認

玄関の入り口の木枠や框は、シロアリ被害に遭いやすい場所です。
異常がないか念入りに点検いたします。

5.床下侵入口の確認

キッチンや洗面室にある床下収納庫を取り出し進入口を確保。
床下がない場合には、和室の畳を上げ、荒板やコンパネを一部外します。

6.床下へ潜ります

検査着に着替え、頭巾・マスク等を装着。図面と懐中電灯とデジタルカメラ等を持って床下に進入いたします。

7.床下をチェック

シロアリ被害の有無、土壌またはコンクリート地面、土台や束柱等の木材の状況、カビや腐朽菌の発生の有無、配管の水漏れの有無などをひとつずつ確認していきます。

8.床下の状況を撮影

床下の状況をお客様にご確認いただけるよう、デジタルカメラで撮影いたします。

9.検査状況をテレビで確認

点検終了後に、デジタルカメラで撮影した内容をご自宅のテレビに接続して、その場で点検内容や床下状況をご説明いたします。

10.「住宅健康診断書」のお渡し

「住宅健康診断書」を作成いたします。
床下の写真は後日印刷をして郵送またはメール送付いたします。
「住宅メンテナンスファイル」をお渡しし、「住宅健康診断書」「点検報告書」写真を保管していただきます。